拾い食い対策

遠藤エマ先生の動画で勉強

先日の桃子の誤食(たぶん小さな石)をきっかけに

何か対策をしないといけないと考えていました。

なんでも口にするわけではないのですが、

匂いを嗅いでいると思いきや、モグモグ(ガリガリ?)し始めて慌てたので

どうすればいいのかここ数日悩んでいたのです。

そこで、私がよく見るドッグトレーナーさんの動画の中で

今回は遠藤エマ先生のYouTube動画で勉強しました。

口に入れてしまってからの「ダメ」「出して」では遅いっ

そうそう、どんなしつけでも同じなのですよね。

やっちゃった後での「ダメ」は効果がないのでした。

本人の「食べちゃった」が達成された後では意味がない。。

匂いをクンクンしている時に真横からじっと見るのも限界があります。

それでも瞬時には防げないですもん。

動画の中での指摘にあったように、私は伸縮リードを愛用しているのでした。

これはやっぱり、しつけをする上ではあまり使い勝手がよろしくない。

実感として理解できます。はい。

おやつとリード

リードは伸縮じゃないものもあるので良いとして、

「美味しいもの」「食べ物」は上から出ますよ、と教えるために

トリーツポーチを楽天でポチッとしました(わんこ用品どれだけ買うんだ??w)

以前、タッパーに入れたおやつを持って出掛けていましたが

これだとあげたいタイミングで取り出せませんでした。そりゃそうですよね〜w

なので、エマ先生もおすすめしていたポーチと似たものを見つけて購入。

届いたら早速使ってみようと思います。

おやつはないけど早歩き散歩にトライ

ポーチが届くまで何もしないわけにはいかないので、

まずは飼い主がずんずんと早歩きをして、桃子についてきてもらうことにトライしました。

普段は桃子の行きたいように歩いてもらって、私がその後ろを歩くことがほとんどでしたが

桃子の前を結構な速さで歩き始めると、桃子がせっせとついてきました。

あ、出来るじゃないの〜^^と、ニヤニヤしながら桃子を褒めて

時々、草が茂っているところや電柱で足が止まるものの

先を歩く飼い主を頑張って追いかけてくれるのにはちょっと驚きました。

家の中でも私が歩くとついてくるので、その感覚と同じなのかな??

目標は上を見て歩いてもらうこと

エマ先生も仰っていますが、拾い食いを防ぐには上を見て歩いてもらうようにすること。

そして、美味しいものは飼い主が上から出してあげるんだよって理解してもらうことですね。

わんこを初めて買う飼い主が果たしてどこまで出来るのか不安はありますが

変なものを飲み込まないように安全にお散歩をするために頑張らないといけないところです。

今朝は、ものっすごい速さで1時間近く歩いたため、

家に着く頃には全身が汗でびっしょりでしたw

洗濯物の量が倍になりますが、人間は着替えれば済むのでこのくらいどうってことはありませんw

ただ、着替えをしている飼い主を桃子がまるで変なものを見るように眺めていたのが

なんとも言えない気持ちになって笑ってしまいました。

桃子、おかーさん頑張るよ😄

着替え中の飼い主を変な目で見ている桃子

コメント